読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蛙は井戸の中

アラサー女性の世間知らず日記です。世界は残酷。

白石、感情無くしたってよ。

お疲れ様です。白石ゆとりです。


継続して仕事が忙しくてですね……肉を焼くときは、かならず「焼き払え!」と叫んでしまう程度に精神はすさんでいます。すさんだ生活に、女子力を駆使して潤いを、と考えた挙句、「今日の夕御飯に、アップルケーキを作っちゃうよ〜☆キャピ★(((o(*゚▽゚*)o)))」と 深夜1時頃からガッチャガッチャとケーキを作りまして、さぁ、あとは焼くだけ、とオーブンに投入し、設定ケーキでポチっとな。待ち時間30分か……お腹すいたな……とカップ焼きそばデカ盛りをたいらげたのは誰だい?






あたしだよ!!!


ケーキもモチロン食べましたよ。漢気(カップ焼きそばデカ盛り)と、女子力(ケーキ)……同時に食したのでプラマイゼロという計算で大丈夫でしょうか?……え?大丈夫じゃない?



先日のブログでは、「結婚したいんじゃボケ〜ゼクシィゼクシィゼクシィゼクシィ」と、なぜそのように荒ぶるのか、状態だった白石ですが、数日たち、やっぱり強くなっていく結婚願望に戸惑いを隠しきれません。というのも、働いている店舗に、親子連れのお客様が非常に多いんですよね。小さい子が「ママ〜」と言いながら、お母さんの後をおぼつかない足取りで追いかけていく様子は、幼少期、痛め付けられるセーラー戦士達を見て、ちょっぴり興奮していた異常性癖の私でも、素直に可愛いな、と思います。


単刀直入に言うと、子ども欲しいな、ということです。自分の中に他の命が宿る、という奇跡!産ませろ!モチロン、お子様がいらっしゃる方の苦労や大変さは、独身のワタクシにはわからない部分ではあるのですが、それでもやっぱり羨ましいです。産ませろ!!けれども、子ども、の前に前提として結婚があり、結婚の前に前提として恋愛があるこんな世の中じゃ……


そう、結婚、というか恋愛。



学生時代、腐っていた私は、色恋沙汰でキャッキャしていたクラスメイト達を「ああ、ハイハイまたやってる、まったく馬鹿な奴らだわ。学生の本分は勉学じゃないの?」と同じく腐っていた友人(と書いて同士と読む)と蔑みの目で見ていました。なんか恋愛って恥ずべき行為、みたいな。家族でテレビ見てるときに、イキナリ濃厚なラブシーンキタコレ、のいたたまれない空気…みたいな。


両思いなんて、彼氏彼女なんて、当時の私にとってはチュパカブラばりの都市伝説でしか無かったのです。


f:id:shiraishiyutori:20150627070117j:plain

余談だけど、「チュパカブラ」っていう映画DVDは時間泥棒でしかないからそんなにオススメできないよ。でもどうしてもっていうなら止めないよ。大体、極秘生物を研究している軍の超重要施設のはずなのに、収容の檻が小学校の兎小屋レベルだったり鍵が南京錠だったり警備がザルだったりするのはなんでだろうね。



で、本題。一緒に恋愛を軽蔑していた腐った友人たちも、年をとるにつれて、1人、また1人と暗黒面に堕ちていきました……ここで、彼らの最期の言葉を紹介したいと思います……





「彼氏、出来たんだ……」


「◯◯君が、私のこと好きって…」


「次の日曜、デートなの」


「…黙っててごめん、付き合ってるの……」


「結婚しようって……言われた…」







ああ!みんな!いい奴らだったのに!!




そう、恋愛です。あんなに馬鹿にしていた恋愛に、こんなに苦しめられるなんて!そもそも愛されたい(ゼクシィ的な意味で)と言っても、誰でもいいわけじゃないよね。50、60喜んで、って冗談っぽく言ってるけど、そうじゃないよね。やっぱり好きな人から愛されたい。でも、好きな人がもしできたとして、恋愛経験の乏しい私は、そこからどうやって発展させていったらいいかわからない……恋愛なんて、漫画の中でしか触れたことがない領域なんです。トーストくわえてぶつかればいいの?光るペンダント付けて、空から落ちてきたらいいの?なんで蛍すぐ死んでしまうん?そうじゃないよね。学生時代に、もっと人との関わり方を勉強しておけば良かった……、と今、切実に後悔しています。誰か!誰か!産ませろ!男の人との接し方がわからないよ!産ませろ!


外に出れば、当たり前にカップルがいて、当たり前に夫婦、家族連れがいる2015年の日本……でも、そもそもカップルとは夫婦とは、両思いでないとなれないので、ああ、ここの夫婦にも、あの彼氏彼女にも、ドラマがあったんだなぁ……と感慨深く思います。奇跡なんだなぁ……運命なんだなぁ……と。




これは、色恋沙汰を馬鹿にしてたツケなのかもしれないなぁ……と、半ば感情を失った虚ろな目でPCのデスクトップを眺めながらこの駄文を綴っています。上の子が〜下の子が〜なんて会話に憧れていますが、私はもしかしたこの先、下の子どころか下のおくちすら使わないまま人生を終えるかもしれないですね!(唐突にアウトな文章)


ではでは皆さま、おやすみグッナイ



http://diary.blogmura.com/himono/ranking


夜勤明けなので、テンションがちょい変なブログかもしれませぬ。我に返って削除するかもしれませぬ。


バルスバルス!産ませろ!