読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蛙は井戸の中

アラサー女性の世間知らず日記です。世界は残酷。

エアーケイ(notテニス)

こんばんは、白石ゆとりです。寂し過ぎて、ペット飼おうかな、と本気で悩んでいます。ホモ・サピエンスからは無理でも、せめて命あるものから愛されたいです……。

 

さてさて、今日は、20代独身女性ブログに恥じぬ内容にしたいなと考え、コイバナを交えて軽快に恋愛について綴りたいと思います。

 

 

 

えっ?私が年齢より老けて見える?やだっ(ポッ)……そうね……大人っぽい外見になるのに欠かせないモノ…

 

 

やっぱり、男のワガママ?かな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shiraishiyutori:20150601033110j:plain

 

 

 

 

 

 

 

……さてさて、突然ですが、私、会話にも様式美、があると思うんですよ。「待った?」「ううん、今来たとこ」みたいな?「ごめんね、散らかってて」「そんなことないよ、片付いてるよ〜」的な?伝わりますでしょうか?

 

 

 

それを踏まえつつ次のパートに行きましょう。先日、仕事の繋がり、友達、の数人で飲みに行き、その席での会話です。男性4.女性3で、女性の内訳は、

 

ゆとり

f:id:shiraishiyutori:20150601033609j:plain

 

 

Y氏

f:id:shiraishiyutori:20150601033657j:plain

  

 

 

Y氏の友達A氏(初登場)

f:id:shiraishiyutori:20150603030900j:plain

 

可愛くて吐きそうになった。

 

 

 

でした。A氏と私には彼氏がおらず、男女混合の飲み会だからか、彼氏いる?の質疑応答になり、

 

 

 

f:id:shiraishiyutori:20150603030951j:plain

A氏「いないです〜」

 

 

 

 

Y氏の職場の人

f:id:shiraishiyutori:20150601044934j:plain

「え〜?嘘だ〜、絶対モテるでしょ〜?!」

 

 

 

 

まぁ、様式美、ですよね。

 

 

 

f:id:shiraishiyutori:20150601045328j:plain

ゆとり「いないです〜(食い気味)」

 

 

 

 

Y氏の職場の人

f:id:shiraishiyutori:20150601045344j:plain

「まぁ、ほら、女性の幸せってひとつじゃないしね〜」

 

 

 

 

 

 

様式美……あれっ??

 

 

 

 

 

 

現在の職場に配属されたときの一場面、「ゆとりさんって彼氏いるんですか〜?」と聞かれ、当時はまだ元彼と付き合っていたので「いますよ*\(^o^)/*」とくもりなきまなこで答えたところ

 

 

 

f:id:shiraishiyutori:20150602025045j:plain

 

 

 

…あれ??

 

 

 

 

 

(上記エピソードを吟味した上で)今になって思えば、一瞬でも私と付き合ってくれた元彼は随分といい人だったのかな?と思うのです。

 

 

 

初登場、元彼、ケイ君

f:id:shiraishiyutori:20150602035944j:plain

前髪長い系

 

数年会っていないので、もしかしたら髪型とか体型とか変わってるかもしれないし、もしそうだったらきっと今、道ですれ違っても私は気づかないなあ、と思います。

 

彼は非常に音信不通癖のある人でした。

 

 

よくY氏に相談してた。

f:id:shiraishiyutori:20150602040017j:plain

 

 

 

ある日、うんざりしたのかY氏が

f:id:shiraishiyutori:20150602040051j:plain

ケータイかして?

 

 

バッ

f:id:shiraishiyutori:20150602040109j:plain

 

 

これぐらい送っときゃ、すぐ電話かかってくるって。

 

 

f:id:shiraishiyutori:20150602040128j:plain

バーン!!こんなん軽く送れるような付き合いではなかった。

 

 

 

 

ゆとり「ヒィィ〜!(吐血)」

f:id:shiraishiyutori:20150602040248j:plain

 

まぁ、でも、Y氏から、正直に自分の気持ちを言うのが一番だ、と至極真っ当な意見を頂き、恥ずかしいけど、やっと素直になれた気がして嬉しかったのです。

 

ゆとり「Y氏、ありがとう、返事待ってみるよ!」

 

 

 

f:id:shiraishiyutori:20150602040702j:plain

…………………

 

 

 

 

f:id:shiraishiyutori:20150602040718j:plain

…………………

 

 

 

 

f:id:shiraishiyutori:20150602040913j:plain

……………………?

 

 

 

 

 

 

その日、返事は来ませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

〜〜〜3日後〜〜〜〜

 

ケータイ「ピロリン♩」

f:id:shiraishiyutori:20150602041108j:plain

 

彼からでした。

 

 

 

f:id:shiraishiyutori:20150602041129j:plain

 

 

 

今という概念!!!!!!!!

 

 

 

 

f:id:shiraishiyutori:20150602041211j:plain

 

 

 

この一連の流れを見守っていたY氏ですが、

f:id:shiraishiyutori:20150602041410j:plain

このとき、こいつら本当に付き合っているのか、と疑惑を抱いたそうです。そして、この事件以降、わたしの元彼のことをしばしば「エア彼氏」と呼ぶようになりました。更に、前述したように、彼氏の名前はケイ、と言います。エア彼氏と、ケイが混ざり、いつしか私の元彼のことは、「エアーケイ」と呼ばれるようになりました。

 

 

f:id:shiraishiyutori:20150602042040j:plain

この方とは無関係です。

 

 

いつしか私にも、エアーケイ呼びが定着してしまい、公共の場(居酒屋とか)で、Y氏と色々話したことがよくあったのですが、

f:id:shiraishiyutori:20150602042216j:plain

「エアーケイはズボラ、絶対パンツ洗ってない」だの「エアーケイにはもうちょっと自己主張して欲しい」だの、はたから聞いていると、お前ら錦織選手に対してどんだけ上から目線やねん、オイ。と思われた方、いらっしゃったかもしれません。不快にさせた方、大変申し訳ございません。ケイ違いです。ご了承ください。

 

 

そんなエアーケイさんですが、もうひとつ、忘れられないエピソードがf:id:shiraishiyutori:20150602042619j:plain

 

 

 

私は7月14日が誕生日です。その日、私はエアーケイさんに誕生日を気づいて欲しくて、断腸の思いで、「7月14日って何の日だと思う?」とメールを送りました。(今思うと相当面倒くさいクソ女やな!すみません!)

 

Y氏「まぁ…あんたにしては頑張った方…?なのか?」

 

 

 

 

ケータイ「ピロリン♩」

 

 

へ、返事だ!!誕生日おめでとうくるのか!!神様!!!!!

 

 

 

 

Y氏「なんて?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shiraishiyutori:20150602043306j:plain

…………すっげー(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

 

 

 

 

f:id:shiraishiyutori:20150602043331j:plain

……オスカルが今日死んだんだって

 

 

 

 

 

f:id:shiraishiyutori:20150602043416j:plain

このとき、Y氏は、こいつらはもう色んな意味でダメだな、と思ったそうです。先見の才ですね。

 

 

 

 

 

さてさて、ケイ氏について長々と綴ってしまいましたが、実は、最後に会ったのがリアルに3年以上前なので、どんな顔をしていたのか、随分あやふやになってしまいました。

 

 

でも、今、私はオスカルを目にするたびに、

f:id:shiraishiyutori:20150602044116j:plain

オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ(1755年12月25日〜1789年7月14日)

 

 

 

 

 

錦織選手を目にするたびに、

f:id:shiraishiyutori:20150602044125j:plain

 

 

 

 

もう2度と会わないであろう元彼のことを思い出します。そして、こんな私と付き合ってくれてありがとう、と暖かな気持ちに包まれます。きっと、元彼に会わなければ、私は一生、オスカルの死んだ日を知らないままだったでしょう。出会って変わったことは、確かにあるのです。

 

 

 

こうやって、人間は生きていくんですね。

 

 

http://diary.blogmura.com/ranking.

ブ…ブログ村のランキングバナー の張り方がわかんないです…。

そもそも私以外の人がこのブログを果たして見ているのか…。

アクセス数も0か1かくらいなんで、あ、これは私やな…と思てたんですが

もし、もし、万が一誰かいらっしゃいましたらクリックしてみてください。